AWS協力 クレスコ主催セミナー

データベースのクラウド移行から始める
データモダナイゼーション

2024年3月5日(火) 13:00~14:00
AWS
木村 千寿子

クレスコ
原田 幸一

セミナー主旨

AWSパートナーロゴ

イノベーションを加速し、新たな顧客体験を提供するには、アプリケーションの開発と運用の方法をモダナイズすることが鍵となります。顧客のニーズや取得データの変化に合わせて進化するモダンな環境の構築や、コストの最適化はお済みでしょうか?

本セミナーでは、アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社の木村氏をお招きし、AWSを活用してどのようにデータモダナイゼーションを実現できるのかを解説いただきます。
また、「AWS アドバンスド サービスパートナー」として多くのクラウド開発実績をもつクレスコからは、データベースの移行やコンテナ化などの具体的な事例を交え、クラウドモダナイゼーションのポイントをお伝えします。

どうぞお気軽にご参加ください。

対象者

企業の情報システムの構築・運用に携わる方
組織のIT活用やDXを推進する方

特に、以下のような方々にお勧めいたします!

 

  • 商用データベースのライセンスや運用維持に、高額なコストがかかっている
  • システムのクラウド移行や運用について、具体的な事例を知りたい
  • データベース関連の多様なAWSサービスについて、自社が活用できるものを知りたい

プログラム

第1部

データベースのAWS移⾏から始めるデータモダナイゼーション
(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 / 木村 千寿子)

  1. モダナイゼーションと⽬的別のデータベース

  2. データベース移⾏から始めるデータ層のモダナイゼーション

  3. RDBMS のマネージドサービスへの移⾏

  4. NoSQL データベースを活⽤したデータモダナイゼーション

第2部

最新事例から解説するDBクラウド移行のポイントとクラウドモダナイゼーション
(株式会社クレスコ / 原田 幸一)

  1. モダナイゼーション戦略立案 -  ロードマップ策定事例

  2. DB移行事例

  3.  Webシステムのコンテナ化支援事例

  4.  CCoE支援サービス事例

セミナー概要

 日時  2024年3月5日(火) 13:00-14:00
場所 Zoomウェビナー
※参加方法は、申込後にお送りするメールにてご案内いたします。
ご案内メールに記載されたURLで当日までにウェビナー参加登録をお願いいたします。
主催 株式会社クレスコ
共催 アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
費用 無料

お申込み

※ウェビナー参加方法をメールでお送りします。入力内容をよくご確認のうえ、お申込みください。※Gmailなどのフリーメールアドレスはご使用いただけません。
※日中にご連絡のつく電話番号のご入力をお願いいたします。
お申込みにあたり、下記「お申込み注意事項」の同意が必要となります。
ご提供頂きましたお客様の個人情報は、株式会社クレスコが製品サービスやイベント情報の提供をする目的のみで利用いたします。 お客様のご了承なしに第三者に開示することはいたしません。お客様の個人情報について、厳正な管理下で安全に保管し、適切な取り扱い及び保護に努めます。 詳しくは、クレスコプライバシーポリシー をご覧ください。

お申込み注意事項

プログラム内容の変更
当日のプログラム内容は、上記の内容から変更される可能性があります。

キャンセルポリシー
当日でもキャンセルを受け付けます。

お申込み
お申込みは開催日前日まで承ります。満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申込みください。複数名でのお申込みは、ご受講者様おひとりずつご登録ください。株式会社クレスコおよび講師の所属企業と競合すると考えられる製品やサービスをご提供している方からのお申込みについては、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

開催中止
講師の急病、天災、又はその他やむを得ない理由により、開催を中止させていただく場合があります。また、やむを得ず会場が変更になる場合があります。それらの場合、受講日までにメールにて連絡します。会場までの交通費や宿泊費は、受講される方の負担となります。

最少催行人数
セミナー開催の最少催行人数(10名)に達しなかった場合には中止となる可能性があります。

ウェビナー形式での催行
ウェビナーでは、「Zoom」を利用します。参加方法は、申込後にお送りするメールにてご案内いたします。ご案内メールに記載されたURLで当日までにウェビナー参加登録をお願いいたします。「Zoom」のアカウント作成は不要です。スマートフォン・タブレット端末でもご参加いただけます。また、ご受講者様の環境や利用ツールに起因するトラブル等により配信の品質が低下する場合があります。あらかじめご了承ください。

関連ソリューション

Creage

クラウド総合支援 Creage

従来のシステム資産を活かしながらパブリッククラウドを活用し、クラウドジャーニーをお客様とともにデザインします。
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
詳しい資料はこちら