UiPath Automation Hub
導入支援サービス

UiPath Automation Hubとは?

  • RPAをもっと自社に定着させたい!
  • 単一部門でトライアル導入したがその先が進まない
  • 利用部門から自動化したい業務のリクエストが出てこない
RPAという言葉が一般に知られるようになり、導入する企業も加速度的に増加しています。
しかしRPA導入推進担当者とお話ししていると、一部門だけでの局所的な導入に留まっている、現場からの案件吸い上げに困っている、思っていたほど導入効果が出ておらず大規模に展開できていない、といった声も多く聞かれます。

そんなRPA導入推進における課題を解決する可能性を持ったツールが、「UiPath Automation Hub」です。
UiPath Automation Hubは、RPAの導入ライフサイクルの中で発見フェーズに位置し、
業務棚卸しや業務整理、RPAに関する社内コミュニケーションのハブの役割を担います。

機能

RPA案件管理

業務部門からの自動化提案~本番稼働までの業務自動化のパイプライン管理を行います

ROIシミュレーション

業務の難易度、削減効果と投資回収コストを入力することでROI(投資対効果)が予測できます

ドキュメント管理

Task Capture による業務手順書の自動作成により、業務を知らない開発者もすぐに開発に入れます

共通コンポーネント管理

再利用可能なコンポーネントを登録、整理、公開することで開発を加速させます

コミュニケーション
ポータル

貢献度を可視化することで、やる気を引き出し、自動化の取り組みを常に活気のあるものにします

RPA推進状況の可視化

業務分野や部署別などさまざまな切り口で、RPA推進状況が可視化することができます

特徴

候補業務の抽出から導入効果の測定までを一元管理

Automation Hubは、RPAに関する社内コミュニケーションのハブの役割を担い、貴社におけるRPAの導入を推進するための様々な仕組みを備えています。

例えば、業務担当者は自動化のアイデアを手軽に投稿。組織管理者は自動化対象業務を一元管理でき、優先順位の決定や、導入効果の測定がスムーズに行えます。

アイデアのスコア化で、費用対効果(ROI)を可視化

現場ユーザーが持ち寄るアイデアについて簡単な9つの質問への回答を基に、RPA化の向き不向きや、準備状況を可視化するスコアを算出することができます。
この機能によって、従来は現場で人がヒアリングして集め、一部定性的に評価していた情報が定量化されるため、アイデア検討プロセスが迅速化され、的確な情報を効率的に集めることができます。

ゲーム感覚を取り入れ、
楽しく活発なコミュニケーション

「難しい達成条件をクリア!」
「反復的な作業や簡単な達成条件をクリア!」

Automation Hubでは、RPA 実装フィールドにおける個人の成長と成果をポイント・バッジ・ランクで表示し、利用者のモチベーションの向上を促します。
個人の取り組み状況や貢献度を可視化することで、“アイデアをもっと提案したくなる仕組み”がつくられます。

さまざまな切り口でRPA推進状況を可視化

Automation Hubでは、業務分野別や部署別など、さまざまな切り口で社内のRPA推進状況を可視化することができます。
例えば、
「経理部は多くの業務を自動化しており、部門全体で利用されている」
「総務部は自動化の件数は多いが、一部の社員しか利用していない」
といった状況を一目で確認でき、社内でのRPA推進に向けて必要な情報を、スピーディーに得ることができます。

Automation Hub 社内導入のポイント

利用部門への丁寧なサポート

運用プロセスの見直し

自社に合わせたカスタマイズ

Point1

利用部門への丁寧なサポート

RPAを社内に展開するには、今まで取り組みに関わっていなかった部門や社員でもRPAを活用するイメージを持ち、積極的に取り組みたくなるようなサポート体制を整えることが重要となります。
クレスコがここをサポート!
・全社員の活用を促進する丁寧なマニュアルとサポート体制構築をご支援します。
Point2

運用プロセスの見直し

Automation Hubではアイデア提出 〜 本番稼働までの一連の流れ(RPAライフサイクル)がベストプラクティスとして提供されます。このライフサイクルにのっとって運用することで、RPAの導入を効率的に進めることができます。
クレスコがここをサポート!
・現行運用プロセスを整理し、Automation Hub標準プロセスとのギャップを分析します。
・Automation Hubでの運用プロセスを設計し、推奨される運用プロセスをご提案します。
Point3

自社に合わせたカスタマイズ

自社内の業務を分類する事業領域や、自社内に存在するアプリなどを事前に定義することで、Automation Hubを使いやすいようにカスタマイズすることができます。
クレスコがここをサポート!
・カテゴリーやアプリ一覧など、事前定義が必要な項目について設計をご支援します。
・カテゴリー定義テンプレートや、Task Captureテンプレートなどのメソトロジーをご提供します。

自動化済み業務のAutomation Hub登録代行【オプション】
・既存業務の管理台帳や設計書などから、Automation Hubへ登録する作業をご支援、または代行します。

お客様事例

UiPath Automation Hub導入事例 (中外製薬株式会社様)

現場主体のRPA活用、業務効率化のアイデアを効率的に収集!

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
詳しい資料はこちら